日本の健康食品はなぜ高いのか?


 ■健康食品の一般的な流通ルート

 〔国内外原料メーカー〕⇒ 〔国内商社〕⇒ 〔国内メーカー〕⇒ 〔販売会社〕⇒ 〔販売代理店〕⇒ 〔小売店〕⇒ 一般価格 ! 〔消費者

 ■滋養食品総合研究所の健康食品流通ルート (流通経路の無駄を省きました。)

 〔滋養食品総合研究所(原料メーカー)〕⇒  低価格 ! 〔消費者

通常は上記のように多くの流通経路を通り消費者の手もとに届く時には高額になってしまうのが現状ですが、滋養食品総合研究所は原料メーカーです。原料メーカー直販のため、中間マージンが入らない分他社よりも安く販売できるのです。
また、滋養食品総合研究所は宣伝費、入れ物代にお金をかけていないため、余分な経費がかからないのです。その分、商品は低価格で販売できるのです。


価格差が生まれるのは、中間マージン、宣伝費、入れ物代が主な原因です。

上記の他に、価格差を生む要素がまだあります。それは健康食品は昔から「薬の九層倍」と同じように仕入れ値の十倍程度で販売するという商習慣があります。

今でもそのような商売をしている業者は多数存在します。それらの業者は、千円で仕入れたものを一万円の値をつけて販売しているのです。
一方、低価格で販売しようと努力している業者は千円で仕入れたものを千五百円で販売してしまいます。
「中間マージン」「宣伝費」「入れ物代」「どの位乗せて売るか?」等々によって、同じ物でも大きな価格差が生まれるのです。健康食品の価格を見て単純に「高価なものだから高品質で低価格だから高品質でない」と考える人がいるとしたら、それは大きな間違いです。健康食品は元々は安いものです。高ければ信用されるという心理につけ込み、低品質の物を高価格設定している販売業者がたくさんいるのです。

滋養食品総合研究所はこれからも高品質な商品をどこよりも低価格で販売して行きます。


                             トップページ